ママグラファーJUNKOの おんぶ街道まっしぐら
junkojunko.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
素敵なお花屋さん
東山線本山駅にあるフラワーショップのHP用サンプル写真の撮影をご依頼いただきました。

f0215487_2285415.jpg


わたくし以前 お花屋さんで働いていたことがあるくらいの「花好き」です。

当然、お花には大変なこだわりがあります。
ありきたりの花束では満足しません。
花のアレンジには作り手のセンスがストレートに出ますので、
写真同様、作品を見ればその人の「人となり」までわかってしまうのです。

さて、こちらのフラワーショップ「花や草 凛’s」さん

灯台下暗し、とはこのこと!
同じ千種区にこんなお花屋さんがあったなんて!!

ご縁があり、ホームページとブログ用のお写真の撮影をさせていただきましたが
オーナー奥様のセンスときたら 本当に素晴らしいのです。
例えばこちら。

f0215487_0171544.jpg


シンプルな草花の組み合わせによる ウエディング用卓上花です。
渋い「和テイスト」ですが、このようなテイストはしっかりとした「生け花」の基礎なしには無理。
華やかな色の洋花を組み合わせるよりずっと難度高です。

f0215487_023682.jpg


奥様が市場から仕入れてくるお花は どれもナチュラルモダン。素敵~
f0215487_0223844.jpg

f0215487_2293788.jpg


凛’s の奥様のブログを是非ご覧くださいhttp://rins87893.exblog.jp/

「ブログを見た」と言って遠方からわざわざご注文くださるお客さまが絶えないとのこと。納得です。

お客様のイメージをお聞きし
それに沿ってセンスよく作品をつくる。。。。
センスの押し売りにならないよう、常にお客様のお好みをお聞きし
でも、全ての作品に凛’sベールをかけてお届けする。。。

わたくしの写真のお仕事と通じるものがありますわっ053.gif

綺麗な花なら 誰がアレンジしても同じ
綺麗な女性なら 誰が撮影しても同じ

いいえ!違うのですよ。全然違うのです!
是非わたくしの写真もご覧になってくださいね。JUNKOワールド全開ですのよ おほほ053.gifhttp://www.asyouwish.jp/

素材の良さを引き出すだけでなく さらに
その上に一枚魅惑のベールをかぶせるには、その人なりの世界観が必要なのではないでしょうか。

f0215487_157592.jpg

f0215487_2391923.jpg

だから、わたくしは 対人でのアートを仕事とする人間には
生まれつきのセンスはもちろんのこと
「人生経験」が必須だと感じています。なぜなら 

良い意味での「自信」は 艱難辛苦をくぐりぬけた「経験」によってしかもたらされないからです。
まだ自信のない若い子には 経験がないのです。

わたくしもそうでした045.gif

自信はないけど世界観はある。

それはありえませんよね。やはり経験こそが宝です。



f0215487_1155557.jpg




凛’sのアレンジは 凛’sの奥様にしかできない 唯一無二のもの。
そのテイストに惹かれて 常連客や遠方からの注文が絶えないという素晴らしい善循環。

f0215487_1344995.jpg


わたくしも是非そうなりたいものです。

奥様、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
人生の大先輩として 色々とご教示くださいませ。

花や草 凛’s
http://www.k4.dion.ne.jp/~rins87/
名古屋市千種区東山通1-30岐阜屋ビル1F
 Tel&fax:052-782-8739
 Move:090-8333-3173

# by asyouwish | 2010-05-05 00:02
舞台撮影 その③
今日のブログは舞台撮影の最終回
華やか艶やか「女性出演者編」です。

f0215487_12105711.jpg
素敵な花束がぞくぞく届けられ
f0215487_121191.jpg
お菓子やお人形もぞくぞく届けられ
f0215487_12152994.jpg
女性はいいですね~
花 花 また花でございます。
f0215487_1216517.jpg


お着物の奥ゆかしさときたら。何時間でも見ていたい。

世界で一番お洒落な衣装はなに?
もちろん着物です!
着物ほどアーティスティックな衣装は他にございません。

      ↑
わたくしの高校生頃からの持論です。
皆様はそう思いませんか?

直線の布裁断から生み出される究極の美。
シルクの深い艶感と彩度をひかえた色味。それが逆に恐ろしく鮮やかで
欧米や中近東の鮮やかな衣装とは違う「スゴミ」があると思いませんか?

着物の柄は一つ一つが異なりそれぞれに絵巻物のよう。
それをシンプルな直線のデザインでバランスをとり全く派手ではない 
この上なくエレガントで優美。

日本家屋もそうなのですが、なんて奥ゆかしく
なんて上品で
なんて洗練されているのでしょう。

琴 太鼓 尺八 三味線。。。日本の楽器もしかり。
一言で言うなら「深い」のです。

私が日本人だから?

いいえ、ヨーロッパのセレブ達(美を愛する人々)に日本文化は絶賛されています。
フランスが究極の「西」文化なら 日本は究極の「東」文化。
エキゾチック極まりない。

日本の文化の素晴らしさを 一番理解していないのが
むしろ私達日本人なのではないでしょうか?

灯台もと暗し

もっともっと誇りを持ち、伝統を大切にしていきたいですね。

f0215487_133540.jpg


こちらがメイン演奏者のお三方。
本番前のあわただしい時間を縫ってのパシャリ!
美しくて演奏の腕前も一流 そんなスーパーウーマン達です。
f0215487_12181617.jpg
お着物では伝統曲を ドレスでは最近の流行曲を
f0215487_12524617.jpg


楽屋にもお邪魔しました。いまどきのお着物はこ~んなに可愛い小物で女性らしさを演出できます。
f0215487_12534675.jpg


ドレスにお着替え中の一コマ、女性美に溢れています。
f0215487_1254275.jpg

演奏後のサイン会。受付の上品なマダム。
f0215487_12543975.jpg

大盛況のうちに幕を閉じました。
f0215487_13112566.jpg

「伝統」「現代」「和」「優美」「迫力」「女」「男」。。。
沢山の相反する要素が見事に融合されて
見ごたえたっぷりの素晴らしいコンサートでした。
撮影させていただき光栄でした。 

出演者、そしてスタッフの皆様、
ありがとうございました。
f0215487_1312980.jpg


ああ。。。
わたくしも 着物やドレスが着たいなぁ。。。
子育てが終わったら 毎日着てやるぅぅ

f0215487_14563836.jpg

# by asyouwish | 2010-05-01 13:19
舞台撮影 その②
イケメンです。
f0215487_1191517.jpg

おいおいアップしますが 出演者の皆様 きれいどころ&イケメン揃い でございました。
もうそれだけでも 見ごたえ十分053.gif

さあ、いよいよ本番です。
f0215487_1192686.jpg

満席です。
f0215487_12281585.jpg


会場の空気が一変しました。
f0215487_11124132.jpg

和太鼓の波動に会場中が揺れます。誰もが息をのんでいます。
f0215487_115351100.jpg




私はしばし呼吸をするのを忘れた程です。
1000年の時を越え日本人の魂をゆさぶり続けてきた この伝統の響き。。。

カッコイイという言葉ではとても表現しきれない
日本人の「粋」そして「男っぽさ」

その振動は確かに 耳を媒介してはいってくるのですが
その行き着く先は「魂」なのです。深く深くしみこんで 

日本文化って凄い!
自分が日本人であることを誇らしく思います。

太鼓が「男」なら お琴は「女」
次回のブログは舞台撮影その③ 優美なお琴と
演奏する女性達のしっとりとしたお着物をご紹介しますね。
# by asyouwish | 2010-04-26 11:22