ママグラファーJUNKOの おんぶ街道まっしぐら
junkojunko.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
ぶん ぶん ぶん
皆様こんにちは。

今日は わたくしの恐怖体験をご報告いたします。


お題は 

ぶん ぶん ぶん 



f0215487_143492.jpg





その日 わたくしは いつものように

赤ちゃん撮影に訪れたファミリーのお写真を 一所懸命仕上げておりました。


とっても可愛い男の子赤ちゃんと
とっても可愛い2歳のお姉ちゃん

f0215487_14592844.jpg

おそろいのフリフリ衣装で ちょこんとソファにお座り。
なんてヘブンリーなのでしょうか016.gif

f0215487_1415832.jpg


こちらのファミリーは なんとはるばる三重県松阪市からお越しくださいました。
それもリピート撮影です。

ありがとうございますm(_ _)m
ありがとうございますm(_ _)m

その道中のご苦労に報いたくて、わたくしは 
超人的な集中力で 時間を忘れてパソコンに向かっておりました。




そのときは 気にならなかったのです。

大きなハエが1匹 部屋のシーリングライトに こつんこつん とぶつかっていても。。。



だって 

こちらの赤ちゃんの笑顔に釘付けでしたもの。
  

赤ちゃんって

f0215487_141952100.jpg


やっぱり天使ですよね。
絶対天使ですよね。

なんてヘブンリーなのでしょうか(涙)

f0215487_1422557.jpg

ああ かわいい。


















ところがその時

誰かが 私の後方から 小石を投げたのです!



それは ゴンっ とパソコンモニターに当たりました。

f0215487_14361975.jpg


その小石に驚いて 我にかえったわたくし

ふと振り返ると


071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif

えええっっ?! 



なんと 20匹以上の 蜂

部屋中を飛び回っているではございませんか!!!

f0215487_1122919.jpg

小石の正体は「蜂」だったのです。
わたくしの心臓は16ビートを刻み出し
体中の血液が逆流するのを感じました。

わたくしは 渦巻く蜂の大群の中で 赤ちゃん写真と向き合っていたのです。


そういえば さっきから 耳の奥で ぶ~んぶ~ん と
鼓膜が振え続けていたのでした。

が、
あまりにも可愛い赤ちゃんに集中していたので
それすら気が付かなかったのです。





053.gif006.gifわたくしの集中力って スゴイ006.gif053.gif









ってハートマークつけてる場合じゃないですよ。


蜂ですよ いっぱい刺されたら死ぬかもしれません。

なんで?
なんで 家の中なのに?
ここは 名古屋の住宅地
なんで 突然 こんなに大量の蜂が湧いたの??



パニックりながらも わたくしと蜂の戦いが始まりました。



聞くも涙
話すも涙の戦いでごじゃりました、









(長くなるので 戦いの詳細は省略いたします038.gif


これ見て!
証拠写真。

f0215487_1445834.jpg



結局 20匹の蜂を 3匹にするのに 3時間かかりました。


ああ、 睡眠時間4時間半でがんばっているというのに

こんなことで3時間もロスして~~~~~~~~~~007.gif



と 泣きながら 
その日は 仕事を終えたら朝の4時でしたよ。とほほ。

最後の1匹は 翌朝まで わたくしの家のリビングでぶんぶんいっておりました。

最後の1匹は さすがに愛着が湧いてきて

名前をつけて飼おうかと思いましたが死んでしまいました。





貴重な経験をさせていただきました。

皆様も 春先は 2cmの窓の隙間にも気をつけてねん。



春 春 春!

pink pink pink!


そして 

ぶん ぶん ぶん!

三連続の 2011年春のブログでございました。



ごきげんよう。
by asyouwish | 2011-05-20 14:51 | ハッピーな記事